スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 終章 君が笑ってくれるなら
オニキスの「恋と言う名の胸を焦がす魔物」という台詞も好きだったのでそっちにしようかとも悩みましたが、やはりここはオズワルドの台詞から。


前の章で回復アイテムを派手に使ってしまったので、一度回復アイテム作りに奔走。
ラムの網焼きが最高です。
これを食べ始めたら、もうヒールなんて使えなくなりました。

炎の国へやってきたオーダインと、それに対応するオニキス。
オニキスはまだグウェンドリンにキスをしておらず、眠ったまま。
グウェンドリンを妻にして、三賢人の言うとおり終焉を迎える世界を見るのも良い、と言うが、オーダインは目論見どおりに行けばよいがな、と裏のありそうな言い方をする。

オニキスの台詞回しが猛烈に恥ずかしいです。

炎の国スタート。
今回もボムの爆発に盛大に巻き込まれて空を飛びましたorz
いつの間にかサイクロンを覚えていたことに気付き、それからは敵の端っこからサイクロン連発してました。
それでもボムの爆発はキライです……
ここまでずっと精霊石を装備していたのですが、吸血の指輪を拾ったのでそっちに変更。
これが旦那のオススメ装備らしいのですが、体力回復量が一桁しかないので、敵の攻撃を避けられない私には無意味な装備品でした;
やっぱり逆境が一番好きです。

中ボスはバルカン。
空を飛んでいるので影化攻撃が当たらず、デメリットの方が大きかったので封印。
ペインキラーを飲み、これまたいつの間にか覚えていたオーバーロードを使って撃破。
ただ、二人出てくるステージは面倒でした。。。

ボスステージ。
グウェンドリンが寝かされている間にたどり着けたオズワルド。
まだ彼女が目覚めていないことに安堵すると、そこへオニキスがやってくる。
グウェンドリンへの愛を演劇調に語ってくれる。
自分と彼女を引き裂こうとし、さらにまとわり付く死の匂いにも腹を立て、オニキスはその本性を現す。
終焉の予言にある炎の厄災となって、オズワルドに襲い掛かる。

ここまででサイファーレベル35、HPレベル28(HPは800↑)
HP全快にしておくのを忘れてましたorz
すぐにペインキラーとオーバーロードを使用して突っ込むも、火を纏ってタックルされて瞬殺。
た、倒せるのかなあコレ(・ ・;
二回戦目はすぐにHPを全快させてペインキラーとオーバーロードを使用。
そしてまっすぐ突っ込んで影化してひたすら殴る!
パワーが切れたところでフォゾンバースト。
全てのサイファーを使い切り、合計四発打ち込みました。

が。

残りHP3/1でこの猛攻を耐え切りました、オニキス。
マジでバケモノだコイツ……と一度離脱。
サイファーを使い切ってしまったので影化→パワー切れでコールフォゾンのコンボは使用不能。
ローズマイルでフォゾンを作っている暇もない。
腹を括るしかないよなぁ……と特攻を決意しました。
ダッシュで距離を詰めて殴る殴る。パワー切れになりそうだったら急いで離脱して回復、でがんばりました。
途中でオニキスがロケットパンチをしてくれて、その間オニキスは行動不能状態らしいので、その隙にたこ殴りでフィニッシュ!
ほんとに……勝ててよかった(ノ_;)

オズワルドの前に膝を着くオニキスは、グウェンドリンへの恋を訴える。
オーダインから聴かされたのは、グウェンドリンにかけられた魔法は眠りの魔法だけ。口付けをしたした者に心を自由にされる魔法はかけられていなかった。
だからオニキスは、グウェンドリンの心が手に入らないのであればこのまま眠らせておく道を選んでいた。
それを聴いたオズワルドは、グウェンドリンの心が誰かの自由にされることはないのだと安心する。
オズワルドはオニキスにこれまでの非礼を詫び、一度だけ王の願いによって剣を振るうことを約束し、グウェンドリンを連れて古城へ帰る。

古城。
寝台に横たわるグウェンドリンと、傍に腰をかけるオズワルド。

「目覚めた君は俺を憎むだろうか」

「君の口が俺の名前を呼ぶのを聴きたい」

「君の瞳に俺の姿が映るのが見たい」

「一時でも君が笑ってくれるのなら
 たとえ君が俺をどれほど打ちのめそうとも
 俺は生きていけるから」


こうしてお姫様は、王子様の口付けで長い眠りから覚めるのでした。
その先のお話は、また別の物語……

オズワルド編、終了です。




。゚(゚´Д`゚)゚。

この後の展開を知っているだけに、切なさ倍増です。
眠るグウェンドリンへの語らいがもう……涙が出そうになりました。
これだけ想ってる相手に裏切られたら、そりゃあ絶望どころじゃないでしょう。
グウェンドリン編がハッピーエンドで、本当に良かったです。

うろ覚えで台詞を書いているのが痛すぎるので、あとでもう一度イベント確認して書き直します。。。

次はようやくのベルベットです。
彼女の攻撃方法は結構特殊らしいので、いろいろ不安です;
がんばる!

……今週はトラスティベルの発売 が……
| 17:52 | オーディンスフィア プレイ日記 | comments(2) | - |
 スポンサーサイト

| 17:52 | - | - | - |
こんばんは。
オズワルド編クリア、おめでとうございます。
やはり大変だったようですね、
僕も相当苦労しました。
確かに、終盤になると、ヒールは使い勝手に無理が
出てくるように思えますが、
オズワルド編3章で、エリクサーのマジックレシピが
入手できたので、そればかり使ってました。
オズワルド編にして、ようやくという感じでした。
HPを1000回復できる優れものなので、
もう一度他のキャラをやり直してでも溜め込んでおく
価値はあるように思いました。

グウェンドリン編で見た、グウェンドリンのあの感情が
本物だとわかったときは、改めてホットしました。
それを見ただけでも、ここまでがんばった価値が
あったなと思います。

次はベルベットですね、
慣れてしまえば、かなり操作が面白いなと思えるキャラでした。
ベルベット編は、今まで謎になっていた部分がほとんど
見えてくると思います。
今まで、結晶炉コルドロンを止めるために奔走したり、
父であるオーダインに反発したり、
この1本で、今まで見えてこなかったベルベットの一面を
見ることが出来ます。
コルネリウスとの結末は既に出ていますが、
見所はたくさんあると思います。

では失礼しました。
| CBF | 2007/06/11 9:53 PM |
こんにちわ〜

ありがとうございます^^
終盤になると敵が強くなって、本当に苦労させられました……
でも、エンディングは苦労した甲斐のあるもので、本当に良かったです。
オズワルドとグウェンドリンには幸せになってもらいたいですよね。

エリクサー……そんなものもありましたね(滝汗
食べ物の方がHP経験値も入るのでお得かな〜というカンジで、食べてばっかりです;

ベルベット、早速苦戦しています(爆)
これは、下手をすると途中で投げ出しかねません……
ここまできたら、あともう一息なのでがんばります!
| キヨミズ | 2007/06/12 10:05 AM |









| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.