スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 大正鬼譚 感想

年末にカッとなってDL版を購入。
一言感想で一人攻略したけど二周目を躊躇うとか書きましたが、頑張って二人目攻略したら地雷だったのは最初に攻略した人だけで、あとは普通……とまではいかないにしても、全員攻略まではできました。
個人的には低評価なんですが、アマゾンやPSNでの評価が結構高めで驚きました。
そうか……こういうのアリなんだ……

続きはネタバレを含むかもしれない感想です。



 




・クイックセーブ&ロードがない。代わりにテキストバックができるので、選択肢間違えたらロールバックオーライ。
・好感度上昇アニメがデフォでオフになってる事に気がつかず、好感度の上昇がわかんねーよと選択肢を選ぶ度にメニュー開いて好感度チェックで面倒くさい思いをした一周目。
・キャラの服装デザインはもうちょっとどうにかできないものだったのだろうか。
・主人公はかわいくて男前……なんだけど、ちょいちょいイライラさせられる。
・キャラのセリフにちょいちょい違和感を感じる。キャラ性を感じられない言い回しの硬さとでも言えばいいのかな。そういうのがなかったのは全員攻略後に攻略できる隠し扱いキャラだけだった。
・セロDなんで朝チュン的な微エロスと結構な流血表現。苦手な人はお気を付けを。
・キャラのシナリオに温度差を感じた。ああ嶽屋すげー愛されてんな、とか、他はみんな卒業後どうのこうの言ってんのになんで相馬はいつでもどこでもイチャイチャしてるシーンばっかなの、とか。
・エンディングは各キャラ四種類。基本的にエンディングコンプでバッドエンド大好きめな私ですが今回ばかりはその気が失せてできなかった。
・面白くなかないけど、もっと質のいい乙女ゲーは沢山あるから他のゲームを買ったほうがいいと思います。


で、最初何が地雷だったのかって言うと、初攻略が見た目が好みだった伊沢(cv森久保さん)だったんですが、シナリオは多少イラっとさせられる展開ではあったんですが普通に読めてはおりました。
それが何かのタイミングで、このセリフのこの言い回しはこのキャラがするにはおかしいだろ、みたいに感じてしまって一気に萎えました。
二人目からは多少言い回しが硬くても許せるキャラだったんでなんとかなりましたが、その世界でキャラが生きている、ってのが薄いとダメですね。
クインロゼは設定とかグッとくるのが多いのですが、やっぱりどうにも相性が悪いようです。
 
| 22:16 | 乙女ゲー感想 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト

| 22:16 | - | - | - |









| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.