スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 三国恋戦記 感想

もう七月ですね。
本当にやめて。

思い出がえし欲しいなあとか思ってたんですが、amazonの評価があまり芳しくないようなのでどうしようか迷い中。
PC版てのもネックだよなぁ。
はやく移植してください。

それはひとまず置いておくとして、vita版本編感想です。








・テキスト読んで選択肢を選んで好感度あげて個別ルートに入っていくオーソドックスな乙女ゲー。
・選択肢を間違えると一発BADエンドも豊富。乙女ゲなのに死にます。
・舞台は三国志なんだけど、パラレル三国志なので知らなくても普通に楽しめる。知っていると突っ込みどころ満載かも。
・主人公は軍師という立場なので、ところどころで戦術を立てるパートがある。と言っても、これも選択肢を選ぶだけなのでセーブ&ロードで楽勝。
 → この軍議は選択肢じゃなくて、せっかく本と駒というアイテムがあるんだから、地図上で駒を動かして進軍とか、敵部隊を誘導させるとか、このタイミングで火計発動とか、そんなシミュレーションぽい感じにしても良かったと思う。もちろん二周目以降は一度プレイしていればスキップ可能で。さすがに毎回やるのは面倒だからね。
・三国志をろくすっぽ知らない私はキャラ名が劉備→元徳、曹操→孟徳とかになってて誰が誰だかさっぱり分からないレベルでした。
・タッチパネルに対応しているのでメッセージ送りなどの操作がタッチでできる。個人的にはボタンを押すカチカチ音が気に入らないのでこれは嬉しい。
・代わりに画面が指紋で汚れる可能性があるので、汚れるのが嫌いな人には絶対に向かない。
・とは言え、全部をタッチだけでまかなえているわけではないので、その都度ボタン操作をするために持ち替えたりしてちょっと手間だったかも。
・さすがのvitaなので画面超綺麗。ジャギ?ぼやけ?何それレベル。
・イベント回想機能もあるんだけど、スチル付きのイベントしか再生できないのが非常に残念。
・呉はフラグクラッシャー。
・好感度管理は大事です。



システムに大きな穴はないし、個人的にはタッチで操作できるのが楽だったので評価は高めです。
キャラクターやシナリオも私好みだったので良い感じでした。

ちなみに、私の最萌は文若さんと玄兄です。
逆に大人気の師匠は萌えなかったんだ……


| 10:45 | 乙女ゲー感想 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト

| 10:45 | - | - | - |









| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.