スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 エルクローネのアトリエ 感想


プレイしたのはもう半年近く前のことなんだぜ……orz

久しぶりにきゅんきゅんする乙女ゲでした。
しかしテキストを読むのが主体なんで、周回プレイはやはり飽きてくごほんごほん。
ルート確定前まで八方美人にフラグ立てまくって、確定直前でセーブしてプレイ回数を減らすってのが効率的なんですが、そういうプレイができない人間です。


続きはゲームの感想です。
シナリオのネタバレがありますので、ご注意ください。






・アトリエシリーズってことになっているみたいですが、調合システムがなんでこんなの入れたのか全く理解できない代物なので、そこを楽しみしているとテラフラム。
 → 調合はイベント扱い。選ぶべき調合アイテムが決まってて、それを選ぶだけ。
・仕事の斡旋もほとんどが攻略対象キャラのシナリオ。
・つまり、テキストを読み、攻略対象のいる場所に移動し、選択肢を選んで好感度を上げて、メインシナリオの合間に個別ルートに入る、まあだいたいいつも通りの乙女ゲです。
・テキスト長い。
・乙女ゲなのに、相棒の妖精が攻略対象から美味しいところをだいたい全部かっさらっていく。
・たぶんガストとの協力うんふんの関係で全年齢対象になっていると思われるので、エロ成分は0。エンディング以外の糖度が低いし、なんと言ってもキスはおでこや頬でキススチル?なにそれ美味しいの?な状態。
・糖度で言えば牧場物語の方が遥かに高い。
・実際のところ、ガストの協力ってあってもなくても同じだと思う。
 → ガストの版権は、たぶん「アトリエ」の名称使用、マリーエリーなどの旧作の登場キャラ、一部のアイテムの名称、くらい。
・クリア後におまけで各イベント(シナリオ?)の再生とかできると良かったと思う。見たいイベント毎にセーブ分けるとか、昔はできたけど今は管理が面倒でやる気おきない。
・……書いていたら、どこにきゅんきゅんポイントがあったのか管理人もよく分からなくなってきた。
・たぶんキャラクターが全体的に管理人の好みだったんです。たぶん。

ゲーム的には☆1、キャラとシナリオは☆3、てな感じです。
友人に勧めたけど、するんじゃなかった……

しかし、リリーのアトリエみたいにしてくれればよかったのにと思わずにはいられない。
って言うか、ガストがあんな感じのアトリエを作ってくれればいいんだ。
ちなみにリリアトではヴェルナーとゲルハルト(武器屋の親父)が好きでした。

 

| 10:06 | 乙女ゲー感想 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト

| 10:06 | - | - | - |









| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.