スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 ポケットをたたけばモンスターが七匹


リアタイの方で呟いてましたが、クリアしました。
今回はリーグからクリアまででお送りします。
ちょっと間があいちゃったので早足でさっくりです。

ネタバレへの配慮はされていませんので、ご注意ください。






前回、四天王にボッコボコにされたので、しあわせタマゴと学習装置とデルパワーの経験値+++を使わせてレベル上げました。
たまに四天王に挑んでお守り小判で賞金を巻き上げたりして、平均レベルは55に。
途中で、ワルビアルにしなくてもいいんじゃね? と気付いたので結局ムンナに戻しました。使わなかったけど。

レベル55でアイテム投げまくって四天王戦勝利。
ゴーストは最初のデスカーンさえどうにかなれば、あとは楽でした。
とくに磁石持ちデンチュラのかみなり最強。
しかしエスパーはやっぱりキツイ。。。

全員抜いたらチャンピオン戦。
地下に降りるんですが、やたらと広かった……
奥のチャンピオンの間みたいなところなんて神殿だったし。
で、そこでN氏とアデクの戦闘が丁度終わったところへ到着.。

いでよ! だったか、あらわれよ! だったか、よみがえれ! だったかとN氏が叫ぶと、神殿の周りに壁みたいなプラズマ団の城が出現。
移動要塞的な感じなの? っていうか、チャンピオンの神殿、これどこに建ってるの?
N氏は城の中へ。
後から同じく四天王を倒したチェレンがやってきます。
「アデクさんの面倒は僕が見ておくから」
少年に介抱される中年の図。

長い通路を渡って城の中へ。
七賢人の六人が中国の故事?かなんかを唱えつつお出迎え。
こいつら全員倒すのかー。一人一匹ずつかなー。
と、思ってたらジムリーダー達が集結。
6対8で戦うそうです。
ここは彼らに任せて、主人公は先へ。

二階に上がるとダークトリニティが施設の案内をしてくれました。
回復の部屋だということで入ってみると、中には女の人が二人。
「私は愛の女神」
誰ですか。
とは言え、四天王戦でボロボロだったのでありがたく回復してもらいます。
隣の女性にも話しかけてみる。
「私は平和の女神」
だから。
こちらの方はN氏に平穏を与えるためにおり、氏がああなってしまった理由を教えてくれました。
なんでも幼い頃からゲーチス様に人間社会から隔離されていて、更に人間に虐げられてきたポケモンを宛がわれてきたとか。
そりゃあ解放だトモダチだ全身から溢れるラブだと言う様になりますね。
「あまりにもピュアでイノセントなNの心……」
日本語でお願いします。

城の中は野生のポケモンがいるわけでも、勝負を挑んでくるプラズマ団がいるわけでもなく、ただひたすらに先に進むだけです。
回復施設の他はパソコンとリーグのポケセンへのワープポイントくらい。
ポケセンに飛ばしてもらうとそこにもプラズマ団がいて、そこから城の中へと飛ばしてくれます。なんて親切設計。
あとは部屋の中にいるプラズマ団からアイテムをもらったり、ちょっとしたお話を教えてもらったり。
「この城は数年前からポケモンをこき使って密かに建造していたのだ!」
リーグスタッフ誰か気付けよこの規模の大工事。

そして最上階。
ゲーチス様にちょっとご挨拶して部屋の中に入るとN氏が。
未だ主人公の持つライトストーンからレシラムが復活しないことに落胆されました。
復活しないのは仕方ない、とゼクロム召喚。
城の壁をぶち破って派手に登場。

と、ここでライトストーンからようやくレシラム復活。
炎を巻き上げて派手に登場。

主人公を見つめるレシラムがなんと言っているか、N氏が翻訳してくれます。
「キミと戦いたい。仲間にしてみろ」
いやに好戦的です。
N氏もゼクロムゲットするときは戦ったんかな。
動けるようになるので、まずはセーブ。
それからゼクロムに話しかけてみました。

「ババリバリッシュ!!」

脱力。
何があったおまえバリバリダー!じゃなかったのかよ!!!

気を取り直してレシラムに話しかけます。
さて何回やり直すことにな

「ンバーニンガガッ!!」

二度目の脱力。
まさかこうもラストバトル手前の盛り上がりでやる気をそがれるとは。

でもって戦闘。
レシラムのレベルは50。
うっかり倒しちゃいそうだなあ。。。
って思った傍から急所に当たって倒してしまいました。
しかし経験値が入らない……?

レシラムは、捕まえてみろ! とこっちを見ている。

普通に立ってました。
何度このやり取りを見ることになるんだろうなあ。。。
と思ったら、HPの赤い部分がまだ多い状態でぶん投げたダークボールに一発で入ってくれました。
状態異常すらかかってないのに……

まあ仲間になってくれたんなら文句はないや。
てことで、ようやくN氏との対戦です。
氏の一番手はゼクロム、レベル52。
この二つ分高いレベルは四天王かチャンピオン戦の分でしょうかね。
こっちの一番手はレシラム、レベル50。
差があるとは言え、あっちは効果いまいちなクロスサンダー。対してこっちは容赦なく竜の息吹でニターンで撃破。
伝説とは言え所詮はドラゴンタイプ。
つーか、ソウリュウシティのドラゴン使いの人たちが総力挙げれば余裕で倒せるんじゃないの。
って言うのは野暮ですね。
ちなみに他のメンバーはレベル50なので、はっきり言って弱かったです。タイプ的にもこっちが有利だったし。

N氏に勝ったらゲーチス様が登場。
「それでもワタクシと同じハルモニアの名前を持つ者か。不甲斐ない息子め」
親子だったんか。
自分の計画を大暴露して、ゲーチス様とレッツバトル。
使ってくる中ではサザンドラとシビルドンが厄介でしたが、それ以外はさくっと倒せました。
シビルドン使う技の種類が豊富なんだよ……
バッフロンの技の中にアフロブレイクなる技があるんですが、技マシンがあればオーバに覚えさせられるんじゃないかなと思いました。

主人公に倒されたゲーチス様、後からやってきたアデクとチェレンに連行されていきました。
二人きりになったところでN氏の身の上話とこれからどうするのかを聞かされ、
「キミは夢があると言った……その夢……叶えろ!」
最後に彼は自分探しの旅に出るべくゼクロムの開けた穴から外に飛んでいき、スタッフロールへ。

最終メンバー。
ジャローダ (58)
デンチュラ (56)
コジョンド (56)
スワンナ  (59)
ムンナ   (49)
レシラム  (52)

〜完〜

今回のポケモンはシナリオがとてもRPGしてました。
まさか主人公が伝説の勇者なみの扱い(あそこまであからさまじゃないけど)をされるとは思いもよりませんでした。
ミニゲームなんかを楽しみにしていた人にはそういう要素がほとんどないので残念に思うんでしょうね。うちの旦那が現にソレです。
秘伝マシンの減少、技マシンの使用回数無制限などの改良のおかげで、ゲーム自体は快適にプレイできたと思います。
あとはポケモンの預かりシステムをもっと使いやすくしてくれれば……

さて、クリア後ですが、こちらもプレイ日記は続けていきます。
本編終わったのでフリーダムに適当にイッシュ地方をブラブラするだけになるとは思いますが。

| 13:20 | PM プレイ日記 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト

| 13:20 | - | - | - |









| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.